TakeMe Payの概要

TakeMe Payを導入する加盟店のメリット

TakeMe Pay(テイクミーペイ)を導入する加盟店のメリット

専用端末不要

専用端末などは不要です。

QRコードのスタンドをカウンター上に設置すれば準備完了です。

初期費用·月額費用無料

スマートフォンさえあれば、初期費用・月額費用無料で導入することができます。

必要なのは決済手数料のみです。

100種類以上の決済方法に対応

クレジットカードの国際ブランド(VISA、Mastercard、American Express、Diners Club、JCB、DISCOVER)、中国系決済サービス(Alipay、WeChat Pay、銀聯)、国際系決済サービス(PayPal、UnionPay、Google Pay、Apple Pay)、国内系決済(LINE Pay、PayPay)など100種類以上の決済サービスに対応しています。

WeChat Pay(ウィーチャットペイ・微信支付)、Alipay(アリペイ/支付宝)、中国銀聯、LINE Pay、PayPal、Apple Pay、Google Pay、VISA、Mastercard、american express、JCB、DISCOVER、Diners Club、PayPay

※PayPayは要別途申請

多言語対応

Take Me Payは、中国語(簡体字/繁体字)、英語、日本語の4言語に対応しています。

店頭における外国語でのコミュニケーションは必要ありません。

複数の決済サービスがまとまる

店頭にQRコードを設置するだけで、複数のスマホ決済ブランドをひとつにまとまることができます。

加盟店契約

TakeMe Payの契約をするだけで、100種類以上の決済サービス全ての決済が利用可能になります。

管理ツール

TakeMe Payの管理画面で全ての決済サービスの確認などが行えます。

明細

全ての決済サービスの明細がまとまります。

QRコード

一つのQRコードで全ての決済サービスが利用可能になります。

業務フロー

お客様への決済処理の案内から売上金の確認・返金対応、売上金の受領に至るまで決済方法に関わらず同じ業務フローで決済処理が可能です。

カスタマーサポート

どの決済サービスに関する質問でもTakeMe株式会社のTakeMe Payカスタマーサポートに連絡すれば対応してくれます。