TakeMe Pay(テイクミーペイ)のすすめ

マルチ決済サービスTakeMe Pay(テイクミーペイ)

TakeMe Pay(テイクミーペイ)外国人のお客様の決済でお困りではないですか?

毎年、訪日外国人が増加しており、2020年の東京オリンピックに向け、さらに加速していく予想です。

そして、世界中で多種多様なスマホ決済サービスが増え続けています。

全ての決済サービスに対応することはとても難しく、しかも、毎月それぞれの決済サービスごとにバラバラに決済状況が届くので、集計が複雑で大変です。

そこで、今回ご紹介するのが「TakeMe Pay」です。

TakeMe Pay(テイクミーペイ)とは

TakeMe Pay(テイクミーペイ)とは、クレジットカード決済や乱立するスマホ決済サービスを一つのQRコードで支払いができる店舗用のスマホ決済サービスです。

世界98か国を対象とした100種以上のキャッシュレス決済に対応しています。

決済をするお客様は新たなアプリをインストールさせる事なく、お店に設置されたQRコードをスキャンし決済処理をするだけで支払いができます。

他のキャッシュレス決済サービスは、決済専用端末機やカードリーダーの設置が必要ですが、TakeMe Pay(テイクミーペイ)は不要です。

TakeMe Pay(テイクミーペイ)の基本情報

サービス名 TakeMe Pay(テイクミーペイ)
利用可能な主な決済サービス クレジットカード
  • VISA
  • Mastercard
  • American Express
  • Diners Club
  • JCB
  • DISCOVER
中国系決済サービス
  • WeChatPay(微信支付)
  • AliPay(支付宝)
  • 中国銀聯
  • 云闪付
国際系決済サービス
  • PayPal
  • Google Pay
  • Apple Pay
国内決済サービス
  • LINE Pay
  • PayPay
決済手数料 3.0% + 消費税
入金サイクル 月1回(月末締め・翌月月末振込)
入金手数料 286円
初期費用 無料
運用費用 無料
運営会社 TakeMe株式会社

TakeMe Pay(テイクミーペイ)決済のながれ

TakeMe Pay(テイクミーペイ)で決済をおこなうには、店頭に設置した「QRコード」をお客様にスキャンしてもらい、お支払い金額を入力し「支払方法」を選択して決済します。

  • STEP01
    QRコードを読み取る
    お客様がスマートフォンでお店のQRコードを読み取る
    スマートフォンでお店のQRコードを読み取る
  • STEP02
    支払方法を選択
    お客様がお会計金額を入力し「支払方法」を選択
    お会計金額を入力し「支払方法」を選択
  • STEP03
    画面を確認してお会計終了
    お店のスタッフが画面を確認してお会計終了
    画面を確認してお会計終了

TakeMe Pay(テイクミーペイ)では、支払い方法により決済操作が違うので注意してください。

TakeMe Pay(テイクミーペイ)での決済の流れ
TakeMe Payでの決済の流れTakeMe Payでの決済の流れ TakeMe Pay(テイクミーペイ)で決済をおこなうには、店頭に設置した「QRコード」をお客様に...

TakeMe Payを導入する店舗のメリット

専用端末不要

専用端末などは不要です。

QRコードのスタンドをカウンター上に設置すれば準備完了です。

初期費用·月額費用無料

スマートフォンさえあれば、初期費用・月額費用無料で導入することができます。

必要なのは決済手数料のみです。

100種類以上の決済方法に対応

クレジットカードの国際ブランド(VISA、Mastercard、American Express、Diners Club、JCB、DISCOVER)、中国系決済サービス(Alipay、WeChat Pay、銀聯)、国際系決済サービス(PayPal、UnionPay、Google Pay、Apple Pay)、国内系決済(LINE Pay、PayPay)など世界98か国を対象とした100種以上のキャッシュレス決済に対応しています。

WeChat Pay、Alipay、UnionPay(銀聯)、LINE Pay、PayPay、Apple Pay、Google Pay、PayPal、VISA、Mastercard、American Express、JCB、DISCOVER、、Diners Club

※PayPayは要別途申請

多言語対応

Take Me Payは、中国語(簡体字/繁体字)、英語、日本語の4言語に対応しています。

店頭における外国語でのコミュニケーションは必要ありません。

複数の決済サービスがまとまる

店頭にQRコードを設置するだけで、複数のスマホ決済ブランドをひとつにまとまることができます。

TakeMe Payを導入する店舗のデメリット

決済から入金までに時間がかかる

TakeMe Pay(テイクミーペイ)は、月末締めの翌月末払いなので、他社決済サービスに比べ入金まで時間がかかります。

売上 1日~月末
振込日 翌月末日

対応している国内QRコード決済サービスが少ない

現在、TakeMe Pay(テイクミーペイ)で対応している国内QRコード決済サービスは「LINE Pay」と「PayPay」のみとなります。

お客様の負担がかかる

TakeMe Pay(テイクミーペイ)のお支払い時には、お客様にお店に設置してあるQRコードを読みとって、お支払い金額を入力していただきます。

そのため、操作に不慣れなお客様に対して説明が必要となります。

また、クレジットカード決済の場合、QRコードを読みとってもらった後にお客様に「クレジットカード番号」、「有効期限」、「名前」、「CSVコード」などのクレジットカード情報を入力してもらう必要があるため少し面倒です。

お客さまがスマホを所有している必要がある

TakeMe Pay(テイクミーペイ)は、お客様が既にインストールしている決済アプリや内蔵されているカメラとQRコードスキャンアプリなどで読み取ることで決済する事ができます。

お客さまにQRコードを読み取ってもらう必要があるため、スマホを持っていない場合は決済が出来ません。

紙での利用明細の発行が出来ない

TakeMe Pay(テイクミーペイ)は、レシートプリンターに対応していないため、紙で利用明細を発行することが出来ません。

TakeMe Pay加盟店登録までの流れ

  • STEP01
    加盟店申込書および必要書類の提出
    お申込みページに従って加盟店申込書および必要書類を提出します。
  • STEP02
    加盟店審査
    加盟店申込書をもとに審査を行います。
    必要に応じて担当者から追加の情報の提出を求められる場合があります。
  • STEP02
    加盟店登録完了
    加盟店として承認されると、日本美食からQRコード付きのスタンドが届きます。
    また、メールで利用方法を案内されます。

TakeMe株式会社

名称 TakeMe株式会社
英名 TakeMe Co.,Ltd.
所在地 〒100-0013
東京都千代田区霞が関3−3−2
新霞ヶ関ビルディング1801C号室
資本金 1億
設立年月日 2015年12月1日
事業内容 メディア事業
オンライン決済事業
社員数 28名 (2019年10月25日現在)
TEL 03-6550-8088

まとめ

TakeMe Pay(テイクミーペイ)について解説してみました。

TakeMe Pay(テイクミーペイ)を導入するだけで、訪日観光客を含めた多くの人に複数の決済サービスが提供できる画期的なサービスとなっております。

加盟店登録後は、専用のQRコードスタンドをお店に設置するだけですぐに利用ができ、屋台やイベント会場など、屋外での利用も可能です。

インバウンド需要に特化したキャッシュレス決済の導入をお考えであれば、ぜひ検討してみてください。